人物

歌舞伎町卍會ハウルの正体や素顔や職業は?本名や顔画像も調査

「平和テロリスト集団」を語り東京の歌舞伎町を拠点にする歌舞伎町會というグループというのをご存知でしょうか。

この歌舞伎町會は新宿区から認可をもらっている集団で、主な活動はゴミ拾いでありほかに町の治安維持活動などがあるという。

そんなグループのリーダーはハウルという紫色の長髪で、上半身はタトゥーだらけ

そんな上半身がタトゥーでうまっていて、奇抜な紫色の長髪ハウルさんとはどんな人なのか?歌舞伎町會はどんな団体なのか?その正体にこの記事では迫ってみたいと思います。

「平和テロリスト集団」歌舞伎町卍會とは何で活動内容は?

https://twitter.com/kabukityo_/status/1464036584605773824?s=20

東京卍リベンジャーズの「東京卍會」を真似たようなチーム名。

名前からインパクト抜群の「歌舞伎町卍階」ですが実態は平和テロリスト集団とかで新宿区で認可を受けたグループのようですね。

Twitterや他のネット上の情報をまとめると、以下のような活動をしていると書かれています。

グループ名 東京歌舞伎町卍會
総会長 ハウル・カラシニコフ
新宿区認可の歌舞伎町ボランティア活動をしている団体
メンバー数 現在約170名
『新宿東宝ビル』の横にある『シネシティ広場』が彼らのたまり場所

活動内容:清掃活動、風紀治安委員会、朝4時までゴミを拾いや、ホームレスや食事の無い方に向けて炊き出しをしている。

コロナ禍で生まれた平和テロリスト集団という事で紹介されていますが

警視庁関係者には「いま、トー横界隈で勢力を急拡大している謎のグループがいます。」と認知されていて「半グレ」組織として見られているようですね。

確かにトー横キッズ達と同じように路上でたむろをしたり治安維持という事でトラブルの中に入ることもありますが、街の清掃活動や炊き出しをしている半グレ組織はないですよね。

そういった意味でも、迷えるトー横キッズたちを守る平和テロリストと言えそうです。

歌舞伎町卍會の総会長ハウルの正体は?

現在注目されている『歌舞伎町卍會』総会長のハウルと名乗る人物に、フライデーは直撃したようです。

ハウルが言うには元々は一人で活動してきましたが、徐々に仲間が集まり今では150人を超える団体になったとのことです。

ハウルは上半身がタトゥーで埋まっていて、それと関係してか職業は彫り師だということを明かしています。日中は自身の仕事をこなし、夜8時半ごろからメンバーたちとゴミ拾いを行うというルーティンがあるみたいですね。

フライデーの取材では以下のように答えています。

「オレたちは歌舞伎町の平和のために活動しています。ヤクザとのつながりはなく、半グレ組織でもありません。活動内容は主にゴミ拾いなどのボランティア活動です。新宿区から認可をもらっています。喧嘩が起きたら止めに入り、トー横キッズたちに悪い大人が近づかないように監視もしている。お金がなくてご飯が食べられないホームレスや子供たちには炊き出しを行っています。

最初はオレ一人で始めたんですが、SNSなどで徐々に活動が広まり、いまでは家に居場所がない人や親を早くに亡くして身寄りのない人、ホームレスの方など含め総勢160名が所属しています」

引用:https://friday.kodansha.co.jp/article/217463

まさに歌舞伎町の治安維持部隊です。

歌舞伎町にある『TOHOシネマズ』横の路上では、「トー横キッズ」と通称される未成年者が地べたに座り、酒を片手に騒いでいることがよくあります。そんな景色もあってこのあたりはトー横界隈と呼ばれています。

未成年が犯罪に巻き込まれやすい場所で、ハウルさんは今のように150名を超える団体になる前から治安維持活動をしてきたとのこと。

そんな危険な場所で勇気ある行動を出来るハウルさんの行動力は凄いですよね。

歌舞伎町卍會の職業はタトゥーで彫師?

『歌舞伎町卍會』総会長ハウルさんの職業は彫師という事ですが、どこで仕事をしているんでしょうか?

実はハウルさんについては、本名も顔画像も年齢も詳しいことは何も分かっていません。

「ハウル・カラシニコフ」というのはハウルさんの活動名ですが、これからは本名が特定出来ませんね。

このハウルというのはジブリ作品の「ハウルの動く城」から来ていると思われますが、Twitterの画像にはワンピースや池袋ウエストゲートパークのキャストの写真が貼られています。

なのでこういったエンタメ的なものが好きな人なのかもしれませんね。ハウルさんは正義のリアル東京卍會を目指しているのかもしれません。

まとめ

『歌舞伎町卍會』や総会長ハウルさんについてお話してきました。

元々はハウルさんのみで活動してきましたが、SNSでの発信を通じてどんどん人が増えていったそうですね。

歌舞伎町の清掃活動や治安維持などをしていて新宿区から認可を受けているというのも実に凄い話です。

メディアで取り上げられれば取り上げられるほど、これからの活動の注目度も変わってきます。今後も『歌舞伎町卍會』から目が離せませんね。