社会

【パーソナルカラー診断】写真は危険・安全どっち?当たるのか調査

パーソナルカラー診断というものを知っていますか?

今、女性を中心として「パーソナルカラー診断」が注目されています。

パーソナルカラー診断とは何なのか?調べていくと写真が危険というキーワードもあったので調査してみました。

パーソナルカラー診断をすることで自身の色が分かり、最も相性のいいものを選べる可能性があがります。

では早速見ていきましょう。

パーソナルカラー診断とはなに?

パーソナルカラー診断とは、ひと言で言ってしまえば「各個人のカラー診断」という事になります。

人によって合う色は様々ですよね。

ここ数年注目を集めているパーソナルカラー診断とは、イエローベースの肌、ブルーベースの肌、さらに色の濃淡などを基に「イエベ春」「ブルベ夏」「イエベ秋」「ブルベ冬」と大きく四つに分類するもの。肌の色だけでなく髪や瞳の色などから、最も似合う「色」の方向性を導き出すスケール(ものさし)です。

引用:ヤフー

4つのカラー群の中から最も似合うカテゴリーを見つけて、洋服や髪色やコスメを選ぶ判断材料にするという特徴があります。

最近髪の毛が金色、茶髪の女性をあまり見ないのは日本人のパーソナルカラー診断に対して色があっていないと判断された傾向にあると思われます。

パーソナルカラー診断の写真が危険・安全とは?

パーソナルカラー診断ですがWebでも出来るサービスとなっていますが、写真診断は危険とも言われています。

一方で安全とも書き込みがあるのですがどちらが正しいのでしょうか。

パーソナルカラー診断の写真が危険と検索されている理由

写真が危険と検索されているのには理由があり

顔写真を投稿しないと診断できないことで、個人情報保護の観点で危険だという点。

個人の写真が「悪用されないか心配」というのはありますよね。

他には写真を撮る人や撮った環境だったり、見る人の感性だったり機種で色味が実際と違って見えるからです。

実際の現場でも照明が不十分だと誤診の危険性があるみたいで、注意が必要と言われています。

なので写真を送ってのだったりオンライン診断では、たとえその道のプロが見たとしても、的確な診断が出来ない可能性もあります。

パーソナルカラー診断の写真が安全と検索されている理由

これは単純に危険と言われているので、安全面はどうなのか?という意味合いで検索されているんでしょう。

パーソナルカラー診断を行っているお店では、顔写真の安全性について言及していて診断以外では使わないと約束しています。

やはりオンラインでも写真提供した上でも、どちらにせよどういう風に個人情報が使われるか心配になっている人が多いのが分かりますね。

パーソナルカラー診断では、顔がわからないと診断しようがないのでこういった個人情報の悩みがつきものですよね。

パーソナルカラー診断は当たるのか?

他のサイトを見たり、口コミを見ていると

無料で出来るパーソナルカラー診断では当たらないケースが往々にしてあるみたいです。

というのも無料診断の質問では、客観的に答えるのが難しかったり診断する写真が適していなかったりという原因があるみたいです。

無料で簡単にできて結果もすぐ分かるのは魅力ですが、的外れな診断結果なら意味ないですよね。

なので本来はその道のプロに頼むのが適切な判断といえます。

まとめ

若い女性を中心に話題になっているパーソナルカラー診断。

奇抜な髪の色やファッションをしている人がいなくなったので、最近の人は個性がなくなったと思われていました。

しかし実はパーソナルカラー診断などで自身の特性を理解して、最も相性のいい組み合わせをしている背景があるということが分かってきました。

これも多様性の時代ならではで、今後ますます拡大していきそうですね。