ニュース

【動画】トンガ噴火で日本への津波や地震の影響はいつまで続く?

トンガ噴火に伴い日本への津波警報がでています。

神奈川県では異常なくらいエリアメールがきているみたいである意味で大変な状況です。

そんな津波の原因になったトンガ噴火についてお話していきたいと思います。

トンガ噴火が原因で日本へ津波が到達

太平洋沿岸広範囲で津波注意報がでています。

潮の流れが早い状態がしばらく続きますので、海沿いにいる方は海から距離を起き高い場所に避難するようにしてください。

津波警報発生の原因はなにか?

トンガ噴火が起きたことが原因で津波警報・注意報が発令されています。

トンガ噴火により、潮位変化が起こり海面変動が大きくなったことが原因で津波の原因とされています。

潮位変動が出たのは23時頃だったみたいで、15日の深夜になって津波警報が出ています。

噴火発生直後は海面変動がそこまで大きくなかったので、津波の心配無いとのことでしたが日本の周辺だけなぜか海面変動が高くなったそうです。

地震による津波とは異なるそうで、噴火により気圧の変化が生じ潮位変化が起こったのではないかと思われます。

前例はないので具体的な原因は分かっていないそうですが、津波の危険を感じたため津波注意報・津波警報が出ている状態です。

津波50cmでも危険

1メートルの津波が襲ってきた時点で命の危険と言われています。

以外にも低い津波で命が危険なのは驚きだと思います。70cmでも大人は流されるので軽く見ないで高い位置に避難をした方が良さそうです。

トンガ噴火の影響はいつまで続く?

トンガ噴火の影響はいつまで続くかについては具体的には分かっていません。

トンガ噴火が起きたのは15日の13時頃です。それから10時間ほどたって津波警報が出ています!

これだけ時間差があるのも、まさに例がないことといえます。

奄美大島はじめ、多くの地点で23時過ぎに津波が到達していますので、これからもっと大きい津波がくるかも知れません!

過信せずに海沿いにお住まいの方は高台に避難してくださいね!

トンガ噴火の動画

この映像を見るだけでもかなりに規模の噴火なのが分かります。

この映像を見るだけでも日本にも影響あるだろう・・・と思える動画になりますね。

このあとこの人達は無事だったそうですが、下手したら流されていてもおかしくはないですよね。

珍しい現象ではありますが、海には近づかすこんなことはしないようにしましょう!

 

津波の映像を見ると東日本大震災を思い出します。こんな風に津波がきたら人間にできるのは逃げることくらいです。

撮影してこうやって記録に残してくれるのは今後のためになりますが、安全な場所に移動して自身の身の安全を確保してほしいですね。

凄い波で巻き込まれたらひとたまりもありません。

こんな津波が何回も連続できたら家が流されてしまうのも分かります。

まとめ

東日本大震災の時にも最初は3メートルくらいだろうと言われていましたが、結果的に10メートルクラスの津波になり多くの人が巻き込まれました。

太平洋沿岸に住んでいる知り合いがいるなら連絡をとってみてください!津波警報が発令されたのは深夜帯です。

多くの所にはエリアメールが来ていると思いますが(特に神奈川は)、知らない人もいるかもなので連絡をとって後悔しないようにしましょう!