ニュース

甲府火災の犯人は誰?19歳少年が出頭も共犯者は?目的や動機はなにか調査

10月12日午前3時45分ごろ、甲府市で「泥棒に入られた」と警察に通報がありました。

その後火災が起き7時過ぎに火は止められましたが、現場から遺体も見つかったとして大きなニュースになっています。

今回の事件は、自宅に侵入して暴行し放火というとんでもない事件なわけですが、事件から数時間後に犯人は捕まったという情報がでています。

しかしその犯人は未成年の19歳少年とか。今回の事件の裏には共犯者がいるのではないか?ということも考え目的や動機についてまとめていきます。

甲府住宅放火の事件概要

10月12日午前3時45分ごろ、甲府市蓬沢1丁目の井上盛司さんの住宅から「泥棒に入られた」と警察に通報があり、その後放火して逃走するという事件がありました。

「午前4時前ごろ『やめて、やめて』と叫ぶ声を聞いた。とあり、その時の悲惨な状況が目に浮かびますね。

この家には50代の夫婦と、10代の娘さん2人の計4人で20年ほど前から住んでいたみたいです。

火事のあと、この家に住むいずれも50代の井上さん夫婦と連絡が取れなくなっていて、警察は死亡したのは夫婦とみて身元の確認を進めています。

夜中・早朝の間の時間で、多くの人が寝ている時間での事件なので突然の事件で現場は凄い騒ぎだったでしょうね。

事件の犯人は19歳の少年

凄い急展開で19歳少年が出頭して逮捕されました。もう逃げられないと判断したのか自宅への侵入と娘さんへの傷害、放火したことをほのめかしているそうです。

警察は通報当時に現場近くで声をかけた男に職務質問をかけたが、逃げられたと説明しています。

現場から100メートル程離れていた所で声かけたということですが、現場に行くことを優先してその時は追いかけるのを辞めたそうです。

その判断は正しいと思いますし、火災現場にすぐに行って状況把握をするのが一番ですからね。しかしその男がもう一軒狙っていたらと思うと怖いですよね。

その後もう一度不審な男を見かけて声をかけますが、路地に逃げられ逃走されてしまったそうです。

犯人の目的や動機は?

現在の所、動機や侵入放火の目的は分かっていないそうです。

家には夫婦といずれも10代の2人の娘の4人が暮らしていて、通報は娘から寄せられたということです。

娘2人のうち妹は男と鉢合わせして逃げようとした際に後ろから凶器で襲われ、頭にけがをしたということがわかっています。

もしかしたら娘さんのどちらかが知り合いで、19歳少年が好意を寄せていたが振り向いてくれないなどの状況があったのかもしれません。

共犯者はいるのか?

今回の事件は19歳少年の単独犯なのか?それとも共犯者がいたのか?

警察に2回目撃され職務質問をされたのは同一人物なのか?これは分からないですよね。夜中で暗いのではっきりと特徴を捉えるのは難しいでしょう!

自宅に侵入した際も娘さんの一人は男に出くわしましたが、もう一人いたかもしれません。

これは今後分かってくるとは思います。

少年法の一部改正で18•19歳を「特定少年」にするのは令和4年4月1日からなので、まだ適用されません。

こんな大きな事件を起こしておいて、軽い罪ですむのは本当におかしいですよね。