ニュース

琉球新報警察キャップの男性記者は誰で名前は?匿名なのは記者特権か?

沖縄県の新聞は偏っているのではないか?と言われていますがそんな話が現実味を帯びるような記事になります。

今回、沖縄県の琉球新報警察キャップの男性記者が道交法違反(酒気帯び運転)で摘発されました。基準値を5倍も超えるアルコールという事でその異常な飲酒量が分かります。

そんな異常な飲酒量で運転していた記者の実名を報道しないのはなぜなのか?赤キップの交付を受けたと書いてあるが一発免停ではないのか?

この記事では道交法違反(酒気帯び運転)を犯した記者の事について、触れていきますね。

琉球新報警察キャップの男性記者が飲酒運転で摘発される

基準値の5倍近いアルコールが検出されたということで異常な数値です。

今回摘発されたのは警察取材班のキャップという事で、警察の人とは顔なじみにあると思われますよね。

事件の概要をまとめると以下の通りです。

記者は29日午前2時半ごろ、宜野湾市の公園に駐車していた私用の乗用車を自宅まで約100メートル運転した。自宅前で警察官に呼び止められて飲酒運転が発覚。呼気からは基準値の5倍以上のアルコールが検出されたという。

記者は28日夜に那覇市内で飲酒後、この公園までタクシーで移動。その後、飲酒運転をしたという。29日朝になり、記者本人から同社に報告があったという。

引用:https://www.asahi.com/articles/ASPDY6T13PDYTIPE00X.html?ref=rss

公園の駐車場から100メートル程の所にある自宅前で事情聴取されたという事で

・近隣住民からの通報
・目撃者からの通報
・もとからマークされていた

という事が予測されます。

なんでこんな事になってしまったのかと言うのも、常習犯だったのでは?という見方があります。

自宅近くの公園に停めて飲みに行って、帰りのたかが100メートル運転して捕まるとか情けないですよね。

こんな行動を頻繁にしていて目撃情報からマークしていたら警察キャップだったなんて可能性もあります。

問題にされているのは米兵に対して示しがつかないから

今回かなり騒がれているのは米兵などの不祥事には飛びかかるのに、琉球新報の記者でしかも警察キャップが逮捕されたとなれば示しがつかないからです。

「日本政府や県は米側に対し繰り返し綱紀粛正を求めていた。」という事実かも、かなり米兵側に迫っていたと考えられます。

そのためこんなお酒絡みの不祥事を、しかも警察担当の記者が起こしてしまっては元も子もないですよね。

琉球新報警察キャップの男性記者は誰で実名は?

基準値5倍超えで摘発された警察キャップですが、なんて名前なんでしょうか?今の所は実名が出ていません。

実名公開がないのも逮捕されていないからだという説があります。

ネット上をみても名前が分かりませんので公開は逮捕されてもないかもしれません。このあたりも地元の新聞紙が出さないと出てこないですからね。

琉球新報警察キャップの男性記者はなぜ匿名?SNSの反応は

今回の逮捕で沖縄の琉球新報は飲酒騒動に関して、これでもかというくらいの追求はできなくなってしまいました!

今まではかなり食い込んだ報道をしてきましたが、自分たちがこれでは示しが付きませんからね。

https://twitter.com/SLNCD_Lambs_TW2/status/1476423260946726914?s=20