テレビ番組

バイキング打ち切り本当の理由原因は何?坂上忍の姿勢が社風と合わない噂

坂上忍さんがMC・司会をしているバイキングが来春に打ち切り内定?という話がNEWSポストセブンの取材で報告されています。

度々打ち切り説が出ていますが、今回は噂ではなくマジっぽいです。

バイキング打ち切りの理由は坂上忍さんの姿勢にあるとの事なのですが、これは本当の理由なんでしょうか?

この記事では坂上忍さんの問題視されている「噛み付く姿勢」や社風についてお話ししていきますね。

バイキングが2020年初春に打ち切り内定?

笑っていいともの後番組バイキングの打ち切り説が出ています!

バイキングは2014年4月から始まっていてバイキングMOREに名前も変わりましたが、1時間拡大してお昼の顔のニュース番組といえます。

そんなバイキングが打ち切りという話が出ているので本当なら寂しい人もいそうですよね。

バイキングは、ニュースや芸能情報に坂上忍が切れ味鋭いコメントで切り込むワイドショー路線に舵を切ったことで人気があります。

ニュース番組なので、コメントに対して発言が問題視される事も結構ありましたがそれもお昼のニュース番組の特徴ですからね。

バイキング打ち切りの要因の姿勢とはなに?

 

今回バイキングが打ち切り内定になった背景には「坂上忍の噛み付く姿勢」にあると言われています。

この噛み付く姿勢とザックリ切り込む坂上忍がセットで成り立っていた番組なので、そもそものコンセプト見直しにきたのかな?と思うところです。

バイキング打ち切りの本当の理由は?

NEWSポストセブンの取材によると

「打ち切りの理由については、局の上層部の強い意向だったと聞いています。スタッフの間では政治から芸能人まで好き放題に噛みつく坂上さんの姿勢を上層部が気にしていたからではないかと囁かれています。芸能事務所や自民党政治家と親交が深い幹部が多く、芸能人や政治家の子息も多く入社しているので、『バイキング』の路線は社風とは合わないと判断されたのではないか」(同前)

引用 https://news.yahoo.co.jp/articles/d60ca3429f76fb36d3592874177620e3f434cd94

バイキングの、路線が社風と合わないという感じは本音ぽいですよね。

まとめ

お昼のニュース番組としてすっかり定着している「バイキングMORE」の来春2022の打ち切り内定説。

坂上忍さんの姿勢が問題と言われていますが、最初は問題なかったが番組コンセプトが社風と合わなくなってきたからだと思われます。