ニュース

京王線はやらせでクライシスアクター陰謀論とは?宮本晴代が車内にいる?

一部のニュースサイトでとんでもない事が噂されています。

2020年10月31日のハロウィン当日に起きた事件の京王線刺傷は、やらせだったんではないか?

というのもTVで何役もこなすクライシスアクターの宮本晴代さん?が事故車両の中にいたとか。

そういった背景もあり、陰謀論やクライシスアクターという単語が飛び交っています。

そんなクライシスアクターとヤラセ疑惑についてもう少し踏み込んで話をしていきます。

京王線ジョーカー事件の電車内にクライシスアクターの宮本晴代さんがいた?

京王線の電車内での事件は大分大きなニュースでしたので知らない人はあまりいないと思います。

2021年10月31日の20時ごろ京王線電車内でジョーカーに憧れる若者がジョーカーに仮想して犯行に及んだ事件です。

刺すだけでなく、ジッポライターのオイルを使い火災も発生させるという手口で大きな衝撃でしたよね。

この一連の犯行が仕組まれたもの、ヤラセ疑惑がでているなんて驚きですよね。

クライシスアクターとはなに?宮本晴代さんの役割とは

クライシスアクターとはなんなのか?ですが本来の意味としては

救急隊員や消防隊員、警察官などの訓練のため、災害・事件の被害者役として防災訓練に参加する俳優、ボランティアなどの人物のことを指す。

引用:Wikipedia

しかし宮本晴代さんが担っているクライシスアクターとは少し違います。

テレビ放送で、1人で何役もこなしたりします。あるときはCAだったりある時は学生だったりと何役もこなします。

いってしまえばなんでも屋(万事屋)みたいな感じですね。

もっと踏み込んではみると情報操作をしたくてこのクライシスアクター宮本晴代さんを送り込んだのではないか?と言う見方がされています。

宮本晴代さんについてもう少し詳しく

実態は多く知られていませんが、今まで数多くの職業を演じてきました。

一番大きな特徴は「コ○ナの恐怖を煽るプロパガンダ」的な役割を演じる役者ということです。

ある時は看護師として、ある時は若者として、ある時はNY特派員として様々な役割を演じ政府の目的を達成するように動いています。

政府にとってはなくてならない影の人物と言えますね。