芸能

内田朝陽の離婚理由・原因は?元嫁の東大卒7歳下A子さんの素顔は

俳優の内田朝陽さんが離婚していたと報道されています。

離婚はしたが中年パパ向け雑誌『MADURO』で『内田朝陽の息子・自分そして家族』という連載をしれっと続けているから驚きです。

パパだけど、目線も変わり連載なんてとてもじゃないけど出来る気がしませんが続けているのが凄いです。(まぁ好きな料理連載になってるみたいですが)

そこでこの記事では内田朝陽さんが離婚した原因や元妻は誰なのか?ということにフォーカスしてお話していきます。

内田朝陽さんが離婚とニュースになる

NEWSポストセブンで2021年11月10日に報道され明らかになりました。

「2014年に結婚した7才下の妻・A子さんと、昨年末に離婚した」と言われていますが中年パパ向け雑誌は連載中。

内田朝陽さんは俳優業のかたわら、山田孝之(38才)や綾野剛(39才)とのバンド活動をしたり、料理好きを生かしレシピの監修などをしていましたのでプライベート含め充実していたように見えましたが離婚していたとは・・・

過去には深田恭子さんとの熱愛、幼馴染である中川翔子さんと自身の親の間で数千万円の金銭トラブルがあったりと、内田朝陽さんは女性との色々がありました。

パパという役割で安心していたところもありましたが、離婚していたとは残念ですよね。

内田朝陽さんの離婚の理由や原因は?

離婚したのは2020年の末ごろと言われていて、長男の親権は奥様にあるようです。

まぁ大体の親権は奥様が持てるようになっているので驚きはしないですが、中年パパ向け雑誌『MADURO』で『内田朝陽の息子・自分そして家族』という連載しているのはファミリー枠の仕事を逃したくない一面からか。

離婚が明るみに出たことで連載も怪しくなりそうですね。

さてそんな内田朝陽さんの離婚理由とはなんなのか調べてみました。具体的なことは書かれていませんでしたが遠距離で二人の間に溝が出来てしまったのではないか?と思われます。

Aは子さんは故郷である三重県で暮らしていましたが、内田朝陽さんは東京で仕事をしながら三重県との2拠点生活をしていました。

そんな生活スタイルだから週の半分もいなかったんではないですかね?好き勝手やっている夫を見て嫌気が指したといってもおかしくありません。

しかし、内田朝陽さんは養育費をしっかり払うとの事なので、責任は持つと考えて仕事にあたっているのかもですね。

A子さんの素顔は?東大卒の7歳下で馴れ初めも

内田朝陽さんの元奥様である7歳下の東大卒のA子さんとはどんな人なのか?

A子さんですが、三重県の進学校から現役で東京大学に合格。学生時代には週刊誌のグラビア特集に「いまどき東大生」として登場。東大の「ガリ勉」のイメージとはほど遠い東大美女として、写真撮影に応じていたそうです。

最近では東大を取り上げる番組も多く、東大のガリ勉のイメージとは遠いですが10年前とかにもそんな事があったんですね!

A子さんの年齢ですが、内田朝陽さんが39歳なので奥様は32歳というところです。まだまだこれからって年齢なので再婚の可能性も充分あります。

A子さんとの出会いはロシアの首都モスクワとのこと。内田朝陽さんがバラエティー番組で訪れたいた際にたまたまA子さんと知り合ったようですね、

そして帰国後に連絡を取り合い交際に発展したとか!まるでドラマのような展開ですが本当の事のようですね。